ホテル選びで決まる旬の旅


初めての韓国旅行知ってお得な情報

通貨の両替|クレジットカード

両替は韓国入国後が簡単

日本国内でも一部の銀行や両替所(空港)ではウォンに帰れるところが増えて
きました。でも、韓国に到着してから、両替するほうが、レートはいいですよ。

空港に到着したら、税関検査と同じフロアに銀行さんが両替専用の窓口を開設
していますので、そこを利用するのがいいです。

ここの事務員さんはいつもの事なので、慣れています。日本円を出すだけで韓国
の通貨(ウォン)に替えてくれます。

街中の銀行で両替する場合

空港で両替できなかった場合は、市中でも両替はできますよ。でも気をつけて欲
しいのは、営業時間です。

通常では、平日は9時30分~16時30分、土日曜日は休みですので気をつけま
しょう。

でもソウル中心部では、年中無休のところもあります。

観光案内所やイテウォンの民間両替所

銀行が休みの時や急に両替が必要な場合は、ホテルでもできますが、交換レート
は悪いです。

クレジットカード

クレジットカードが使えるのでポイントのいいカードなら買い物はカードがお得なの
で、私はほとんどカード決済ですませます。

気をつけて欲しいのは、最近、海外でクレジットカードを使用して買い物等をした
場合ですが、レシートが現地の通過でなくて日本円というケースがあります。

不利な為替レートが設定されることもあるので、カードでの買い物をする際に、ど
ちらの通貨で換算するのか、確認してからにしましょう。

FX業者の口座を開き外貨の両替(手数料なし)をする方法

もう一つの方法は、
FXの取引をしなくても、サービスとして外貨の両替を行っている
FX会社
があります。銀行ではありえない手数料で両替をやってくれますよ。




パスポートの準備

phm01_0379-s.jpgパスポートは海外滞在中の身分証明書、出入国の他、国際線の搭乗手続き、ホテル
のチェックイン、トラベラーズ・チェックの両替時などに必要です。

  • パスポートの申請と取得
日本国内のパスポートの申請は、住民登録のしてある都道府県の旅券課、出張所所
申請窓口で行います。申請してから発給までには通常1週間から10日必要です。
20歳未満の未成年者の申請は親権者又は後見人の署名が必要です。

  • 申請に必要な書類
・一般旅券発給申請書1通
・戸籍謄本1通
・住民票
・写真1枚(裏面には申請者の名前記入)
 縦:4.5cm×横3.5cmの縁なしで無背景の写真
 申請前6ヶ月以内
 等の規格を満たしているもの
・官製はがき1枚
・申請者本人に間違いないことを確認できる書類
 一点でよいもの 運転免許証・船員手帳・宅地建物取引主任者証
 以下のAとBから各1点またはAから2点
A 健康保険証、国民年金証書(手帳)、印鑑登録証明書(登録した印鑑も必要)
B 学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行の資格証明書など写真付のもの

  • パスポートの受領
受領の際には、下記を用意して指定日以降、申請日から6ヶ月以内に必ず本人
が受け取りに行くこと。
・申請時に渡された受理票
・申請時に提出し、自宅に送られてきたハガキ
・手数料
有効期間が5年ものと10年ものがあります。

  • パスポートの更新
ビザを申請する際に、パスポートの残存有効期間が3ヶ月以上なければなりません。
すでにパスポートを取得している場合でも、残存期間がこれに満たなければ、パス
ポートを更新しなければなりません。姓名または本籍地に変更があった場合は査証
欄の余白がなくなった場合にも、訂正増補が必要となります。

  • 更新に必要な書類
・一般旅券発給申請書1通
・住民票1通
・官製ハガキ
・有効旅券
姓名、本籍に変更があった場合は、戸籍謄本1通が必要となる。ハガキは不要。盗難、
紛失による再発給には、運転免許証など身元の確認できる書類、紛失届け、警察署
発行の証明書(損傷による再発給には、紛失届、警察の証明書に代えて損傷した旅券)
が必要となります。





TOPPAGE  TOP 
RSS2.0