ゴルフクラブ選択の基本

先輩やゴルフの上手な友人とゴルフクラブを購入しに行くとしても、自分自身で基準を
作っておく必要があります。

ゴルフクラブは、グリップ・シャフト・ヘッドの3つから成り立っています。特に大切な事は
シャフト選びです。

初心者といえども色々です。学生時代は野球のピッチャーで身長180cm体重90km
の人もいれば、女性でスポーツ歴「なし」と言う人も 初心者です。

ですから、「初心者用のクラブ」なんてないに等しいのです。クラブ選びの基本は、
「その人に合ったものを探す」です。

自分に合った「シャフト」を探すことが、上達する上で大切なことです。それくらい
ゴルフは道具選びが大切なんです。

スポーツには色々ありますが、これだけ道具の左右されるスポーツは「ゴルフ」
以外には思いつきません。

シングルプレイヤーと言われる人達は、早くから自分に合ったクラブを持てているのです。
道具は良いので、後は練習のみです。

道具に不安があれば、本当はスイングガ悪いのに「道具のせい」にしてしまいますから(汗)

■シャフトの硬さ L R SR S X XX 
■シャフトのしなり 先調子 中調子 手元調子
■ヘッドの角度  ドライバーの場合は、9度~12度(男子プロは7度から9度)

とありますが、非力な人は男性では「R」「先調子」「11度」を選択しましょう。
女性は L 先調子 12度 がいいでしょう。

パワーのある男性は、初心者の時はSRかS 中調子 10.5度くらいがいいと
思います。慣れてくると買換えするので、そんなに神経質にならなくてもいいです。

関連記事

  1. ゴルフクラブのシャフト選択
  2. アドバイスして貰える先輩を選ぶこと

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0