2006.11.25 飛距離UPが目的

今年の目標は「飛距離UP」です。先生はドラコンチャンピオンです。身長が170センチ
とドラコンの選手としては小柄ですが、それだけに飛ばしの極意を教えてもらえると期待
してしばらくは続けようと決心。

これが、3年も続くとはこのときは思いもしていませんでした。冬の時期はラウンドしないの
で、そのゴルフ費用をスクール代金にすればいいと思っていました。

プロの指摘は、目からウロコの指摘でした。今まで色んな先生に習ってきましたが初めて
の体験です。さすがにドラコンチャンプです。

その指摘は、
下半身の「動きが間違っています」

今まで教えてもらったプロと同じことですが、違うのは原因と、どう直すかの指導が
分かったからです。

こうなってますよ! と言われても、直し方がただ振るだけでは直るわけありません。

ドラコンチャンプのプロの指導は

「下半身を動かしてから腕が下りてくるようにする」イメージは5円玉を糸でつなぎ
振るとき糸に結ばれた5円玉が揺れますね~。手はそのままで下半身だけで揺
らして見てください。

下半身でリードする感覚が分かります。これが、僕の目からウロコの感動でした。
いままで、下半身から動かしていたと思っていましたので、それがクラブを持って
いる手と下半身が一緒か手が早く下りてきているのです。

ボールが止まっているので打ちにいくには手からでも打てるのです。もちろん下半身
も動いているので、その間違いに気が付かないのです。

これが、タメであり、しなりなんです。上へ行こうとする腕と打ちにかかっている下半身
が喧嘩してるんですね。

スキーされる方は分かると思いますが、ターンの切り替えしの瞬間と同じです。
すると、プロなら誰でも出来ているシャフトが立っておりてくるのです。

後は、練習するだけです。この感覚がわかればスイングはシングル入りです。
でも出来てないシングルさんも沢山います。

これができれば、毎日ボール打たなくても安定していいボールが出るようになります。

これからが上達できる練習方法です。すればするほど上達します。
今までの練習は下手を固める練習でした(笑)

このことをマスターすれば、あなたもシングルのスイングです。

私は、30年間間違った練習をしていたことになります。このサイトを
しったあなたは、ラッキーな方です。

これからの上達の練習日記を楽しみにしてください!!











TOPPAGE  TOP 
RSS2.0