知らなきゃ損するエチケット

ゴルフコースへ初めて行くときに、知らなきゃ損するエチケット、他のプレーヤーに迷惑をかけない最低限のマナー・エチケットを知っておくことは、コレから始まる、あなたのゴルフ人生を楽しく幸せにすることと思います。是非、同伴のプレイヤーの皆様にも教えてあげてください。

1.はじめに

ゴルフ規則書の第1章「エチケット」には、ゴルフのマナーについてのガイドラインが規定されているのです。その基本的な考え方は、「コース場にいる他の人への心の気配り」が必要だということです。その内容がどんなことかを詳しく説明していきますので、よろしくお願いしますね。

2.他のプレーヤーに対する心配りとは

コース場では、他のプレーヤーの邪魔になるようなことはしてはいけません。
maner02.jpg
■むやみに動いたり、話をしたり、不必要に音をたててはいけません。
■コース内には、携帯電話(スマートフォン)を持ち込んではいけません。
■テイーイングルランドでは自分の打順となるまでティーアップしてはいけません。

■他のプレーヤーがプレーを始めようとしている時に、そのプレーヤーの球の近くや真後ろに立ったり、 してはいけません。

■グリーン上では、他のプレーヤーのパットの線上に立ったり、パットの線上に影を落としたりしてはい  けません。

3.安全の確認

コース場では、プレーヤーは常に安全の確認をしておくべきです。

■ストロークや練習スイングをする場合、近くに誰もいないかどうかの確認、クラブや、球や石、砂利、木 の小枝などが飛んでいって人に当たりそうな場所に誰もいないかどうか確認が必要です。

■他のプレーヤーがストロークするときには、その前方に出てはなりません。

■前の組のプレーヤー達が球の届く範囲外にでるまでは、プレーを始めてはいけません。

■打った球が誰か人に当たる危険性のある方向に飛んで行った場合、プレーヤーはすぐに大きな声で 「フォー!!」と知らせなくてはいけません。

maner03.jpg

4.プレーのペース


ゴルフ規則書にも「不当の遅延」:スロープレー」に関する規定が明記されています。競技だけでなく、一般のアベレージゴルファーであっても同じことです。スロープレーは、同伴競技者だけでなく、後続の組でプレーする全てのプレーヤーに迷惑をかける最大のエチケット違反です。

場合によれば、競技であれば失格になります。絶対にスロープレーを避けるように常に心がけるようにしてくださいね。

■前の組に遅れないようについていくことは、その組全員の責任です。

■自分のプレーする順番になったら、すぐプレーできるように準備しておくこと。

■紛失球やOBの可能性がある場合は、時間節約のため暫定球をプレーすること。

■落雷の恐れのある場合や、急病の場合などを除いて、プレーの中断は許されません(前の組との間  があいているのに、茶屋で休むことなどもしてはいけません)

maner03.jpg

5.コースの保護

全てのプレーヤーが公平にプレーできるように、プレーヤーはコースを傷つけたり、また汚したりしないように常に注意しなくてはいけません。

■バンカー内の足跡や穴はプレーヤー自身がならすこと。

■スイングした後のストロークで切り取った芝の跡(ディポット)は、必ず直すこと。

■グリーン上のボールマーク(球の衝撃によるグリーン面の損傷)は、必ず入念に直すこと。

■スパイクや旗ざお、クラブ、球の取り扱いなどによってグリーン面やホールを傷つけないこと。

■練習スイングで芝を傷つけないこと。

■煙草の吸殻、ガム、紙くずなどを投げ捨てたり、唾をはくことはしてはいけません。

■どんな理由であっても、クラブヘッドを地面に叩きつけたりなど、不必要な行為でコースを損傷させな いこと。

■ゴルフカートの運転に関する注意事項を厳守すること。

沢山の注意事項があって、驚いている方もおられると思いますが、慣れれば、ごく自然にできるようになりますから、心配はいりません。 これらのことに、過剰に反応されて神経質にプレーされている方もおられますが、第一に、心がけることは同伴競技者と気持ちよくラウンドできるようにすることです。

そのためには、ある程度ゴルフの技術が出来てから、ラウンドすることをお勧めします。特に、彼女や彼氏、または、その方のご両親とラウンドするときは、腕前より性格を見抜かれてしまいますよ(笑)

ゴルフラウンド最低の初心者ゴルフをするためには ⇒ ⇒ ⇒

関連記事

  1. ゴルフラウンド時間
  2. 初心者 ゴルフ ラウンド
  3. 本気で上手くなりたい練習方法
  4. ナイスショットは声を掛けよう!

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0