初心者がゴルフクラブを選ぶ時

ゴルフクラブのシャフト選択

ゴルフクラブのシャフト選びは、上級者でも難しいです。今はコンピュータで診断できます。
が、初心者の場合はそこまでしなくてもいいと思います。

何故かって言えば、まだ自分のゴルフスイングが固まっていないのです。自分のスイング
ができていません。1回目と2回目、3回目とヘッドスピートもスイングブレーンもバラバラだ
と思います。

それは、当然のことです。タイガーウッズでも石川遼くんでも宮里藍ちゃんでも最初は
みんなそうだったんです。

しかし、体力はみんな違いますよね。

ですから、シャフトの「重さ」とシャフトの「硬さ」はそれぞれ違います。

そして、もう一つ大切なことはクラブヘッドの角度です。特にドライバー
は、12度以上を使いましょう。これは、大切なことです。12度以上の
ドライバーがない場合は、15度のスプーン(3番ウッド)だけでOKです。


ゴルフクラブ選択の基本

先輩やゴルフの上手な友人とゴルフクラブを購入しに行くとしても、自分自身で基準を
作っておく必要があります。

ゴルフクラブは、グリップ・シャフト・ヘッドの3つから成り立っています。特に大切な事は
シャフト選びです。

初心者といえども色々です。学生時代は野球のピッチャーで身長180cm体重90km
の人もいれば、女性でスポーツ歴「なし」と言う人も 初心者です。

ですから、「初心者用のクラブ」なんてないに等しいのです。クラブ選びの基本は、
「その人に合ったものを探す」です。

自分に合った「シャフト」を探すことが、上達する上で大切なことです。それくらい
ゴルフは道具選びが大切なんです。

スポーツには色々ありますが、これだけ道具の左右されるスポーツは「ゴルフ」
以外には思いつきません。

シングルプレイヤーと言われる人達は、早くから自分に合ったクラブを持てているのです。
道具は良いので、後は練習のみです。

道具に不安があれば、本当はスイングガ悪いのに「道具のせい」にしてしまいますから(汗)

■シャフトの硬さ L R SR S X XX 
■シャフトのしなり 先調子 中調子 手元調子
■ヘッドの角度  ドライバーの場合は、9度~12度(男子プロは7度から9度)

とありますが、非力な人は男性では「R」「先調子」「11度」を選択しましょう。
女性は L 先調子 12度 がいいでしょう。

パワーのある男性は、初心者の時はSRかS 中調子 10.5度くらいがいいと
思います。慣れてくると買換えするので、そんなに神経質にならなくてもいいです。


アドバイスして貰える先輩を選ぶこと

ゴルフを始めたばかりの人は、最初はお父さんのクラブとか、知り合いの人のクラブを
譲り受けたとか、自分でゴルフクラブを買いにいった人はいないと思います。

スキーでもゴルフでも高価なものです。スイミングのパンツみたいにはいきません。
サラリーマンの収入では、迷うのは当然です。

出来るだけ自分に会ったクラブを探しましょう。 「自分に会ったクラブ」といっても普通は
分かりませんよね。結局は、会社の先輩とか、ゴルフの上手な先輩と一緒に買いに行く
事となるでしょう。

しかし、それには落とし穴があります。初心者のあなたから見ればチョッと前をいく先輩
でもシングルプレイヤーの先輩でもどちらも区別がつかないくらい無知だと思うんです。

運良くシングルプレイヤーの先輩だったら、あなたのゴルフの上達は凄く早いでしょう。
しかし、運悪くあなたの少し前を行く程度の先輩だったら、残念ですけど、あなたに
ふさわしいクラブを見つけることも、その後の展開もあなたの上達は遠回りになるで
しょう。

それくらい最初の段階は重要です。あなたにその目があればいいのですが難しいです。
ある程度自分自身で勉強してから、ゴルフの相談をしても良いよい先輩を見つける方
がいいと思います。

このサイトで勉強して最低限の事は、勉強しておいてください。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0