初めてのハワイ旅行|マウイ ホテル おすすめ

maui15.jpg

マウイ島の 人気ホテル徹底比較

ハワイ(HAWAI)おすすめスポット

マウイ島 ホテルと観光|人気スポットおすすめ

マウイ島ホテルと観光してきた、私の旅行記、おすすめ の人気スポットを紹介しますね。ハワイでもオアフ島しか経験のない方にとって、参考になれば嬉しいです。最初にマウイ島の特徴について気が付いたこと紹介しますね。

マウイ島の 人気ホテル徹底比較

maui01.jpg

日本からの直行便がないので、オアフ島から乗り継ぎが必要です。飛行機は20数人乗りの小さな飛行機(プロペラ機)です。運転席のしきりはカーテンみたいなもので仕切ってあります(笑)
ホノルル空港国内線乗り場からマウイ島のカパルア空港まで30分くらいです。

マウイ島は、旅行会社ではJTBしか現地事務所がないので、フリーで行かれる方は、少しの英語力が要ります。オアフ島みたいに日本人が沢山おりませんので日本語は通じないと思っていて下さい。自信のない方は、JTB旅行会社で行かれるほうがいいです。

maui14.jpg

ホテル(ハイアットリージェンシーマウイ)まで到着すれば「日本語サービスの現地事務所」があるので、そこでサービスが受けられます。全てのホテルにあるかどうかは、申し込まれるときに調べておくほうが安心です。

マウイ島のカパルア空港から日本へ帰るときも注意が必要です。直行便がないので、カパルア空港⇒ホノルル空港(国内線)⇒ホノルル国際空港と面倒ですので、旅行会社から説明をしっかり聞いてくださいね。英語ができる方は大丈夫ですけど。

マウイ島人気のホテル(ハイアットリージェンシー)

マウイ島の 人気ホテル徹底比較

maui19.jpg

maui11.jpg

マウイ島人気の観光スポット

ラハイナ

maui13.jpg

マウイ島究極の観光地ラハイナ。その昔はハワイ王国首都として君臨していた街です。捕鯨繁栄地としても、その面影をみることができる他では見られない独特の雰囲気を体感できる特別の場所としても人気が高い街です。レンタカーでもよし、さとうきび列車で行くのもいい。

maui02.jpg

maui03.jpg

私たちはカアナパリのホテル(ハイアットリージェンシー)からタクシーでカアナパリ プウコリイ駅まで行きサトウキビ列車ラハイナ駅からカアナパリ プウコリイを結ぶ)まで行きました。景色は両サイドがゴルフ場(カアナパリゴルフコース)になっていて気持ちいいです。

maui08.jpg

ラハイナ地区の中心は何と言ってもフロントストリート。海に沿った直線どおりを海を見ながら歩けば気分爽快です。海沿いの店にはどこもお洒落な店がいっぱいです。端から端までブラブラと歩き疲れたらお気に入りのお店で海を見ながらビールが美味しい。

maui09.jpg

maui10.jpg

マウイ島 ハレアカラ火山

マウイ島 ハレアカラ(「太陽の家」)は、世界最大の火口丘を持つ雄大な休火山です。展望台から見おろすクレーターはさながら月世界のように幻想的で、山頂から広がる裾野の緑も見事です。でも雨に降られると大変です。寒い上に景色は何も見えません(笑)

ハレアカラ国立公園の写真を見る>>>>>

ハレアカラ天気がいいと

maui06.jpg

ハレアカラ天気が悪いと

maui07.jpg

マウイ島の観光スポットとして、ハレアカラと並んで人気の高いモロキニ島。海水の透明度がとても高く、このエリアに集まるウミガメ熱帯魚をクリアに目にすることができる絶好のシュノーケリングスポットです。

三日月の形状で有名なモロキニ島の写真を見る>>>>

maui12.jpg

ハワイ マウイ島 レンタカーとOLIOLIタクシー

mauikuruma.jpg

右側通行は難しいように思いますが、そんなことはありませんよ。マウイ島の道路状況は案外シンプルなので、すぐに慣れることでしょう。注意点としては、左右の安全確認を必ず「左」からやることです。日本のクセでつい右サイドから確認してしまい危ない目に会う事があるので注意して下さい。

右折は信号が赤でも、しっかりと「一時停止」をして安全を確認できたら右折OKという交差点が大半を占めますが、場所によっては赤信号の場合は右折禁止と書かれた標識が立っているところがありますのでよく確認してください。

スピード違反や駐車違反などで違反切符を渡されてしまった場合は、書面に書いてある罰金額を期日以内に郵送することです。期日を越えると罰金額が高くなり、それでも支払わない場合は、裁判所に呼び出しを受けることになります。小切手かマネーオーダーで郵送しましょう。

mauikuruma02.jpg

ガソリンを入れる場合ですが、1Lあたりの値段は約100円程度です。表示されている値段は全てガロン単位(1ガロン=約3.8L)ハワイのガソリンスタンドでは、「レギュラー」「プラス」「プレミアム」と呼ばれる3種類です。日本での「ハイオク」は「プレミアム」と同じで「プラス」はレギュラーの中間です。レンタカーには「レギュラー」給油が普通ですよ。

マウイ島ならOLIOLIタクシーが便利

ラハイナの街には日本のようなタクシー乗り場はありませんので、必要な場合は電話で呼ぶことになります。JTB旅行会社ですと、あらかじめOLIOLI(オリオリ)タクシーとの待ち合わせ場所が決まっていますので、どこへ行っても心配はありません。

私たちは、行くのは「さとうきび列車」を利用して、帰りはお土産等の荷物があったので「オリオリタクシーを呼びました。地元のタクシー会社とJTBが提携しているので人気スポットへは税金・チップ込みの特別料金でいけますので便利がいいです。(下図参照)

JTBなら、島内移動に便利なシャトルバスが利用できるツアーや、無料レンタカー付ツアーが揃っています>>>>>> oliolitax.jpg
マウイ島の 人気ホテル徹底比較



ハワイ旅行


マウイ島では、日本人ツアーデスクがあるのは、ルックJTBだけです!
  • SEOブログパーツ
seo great banner
  • SEO
  • loading
  • 初めてのハワイ旅行
  • 無料SEOツール
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0