ハワイ トロリー 比較|ワイキキのトロリーバス情報

bustei.jpgハワイの乗り物情報は、なんといってもトロリーバスを利用することだと思います。

レンタカーやタクシーも便利ですが、各旅行会社が無料でサービスしているトロリーバスを比較してから有料の乗り物を検討したほうがお得です。

ハワイでは、JTBのOLIOLI(オリオリ)バスHIS専用トロリー(青)・JALパックのレインボートロリーバス(黄色)そして、近畿ツーリスト・日本旅行が契約しているワイキキトロリーバスがあります。


JTBのOLIOLI(オリオリ)トロリー

jtb3.jpgホノルル空港から最初にいくところは、アラモアナセンターです。アラモアナセンター各ホテルまでの間とダイヤモンドヘットまでのルートを約8分間隔で運転していて、本数も一番多いです。

⇒JTBのハワイツアー詳細ははコチラ

アラモアナセンターの閉店までいても、オリオリトロリーなら最終便が22時40分なんでゆっくり買い物ができます。

ルックJTB利用の各ホテル(ホノルル)は停留所から4分以内ですので便利です。ダイヤモンドヘッドへは、夜間は運行されていませんので、最終の時間は確認するようにしてくださいね。明るい時間帯なら大丈夫です。

HISの専用トロリーバス
his3.jpgHISも独自のトロリーバスを出していて3コースあります。ワイキキ・アラモアナコース・ダウンタウンコース・ダイヤモンドヘッドローカルコースがあります。

アラモアナラインは始発が9時から22時まで、10分間隔、ダウンタウンラインは始発10時から21時まで30分間隔、ダイヤモンドヘッドラインは始発8時から16時で1時間間隔です。

色んなコースあるのですが、ダイヤモンドヘッドラインは1時間に1本なんでJTBの
オリオリトロリーと比較すると不便を感じます。

H.I.S.海外旅行 (航空券・ツアー情報)

レインボートロリー【JALパック専用】

jal3.jpgジャルパック専用のトロリーバスも「レインボー・トロリー」といって黄色のトロリーバスです。

ハワイに行くと色んな色のトロリーバスを見ることができますが、黄色のバスは、JAL専用のトロリーバスです。

始発は9時から22時まで運行間隔は7分、DFSギャラリア・ワイキキから1周約1時間のワイキキ~アラモアナコースです。人気スポットを中心に回るオリジナルコースです。

ワイキキ内のルートに限られていますのでダイヤモンドヘッドへは行きません。


ワイキキトロリー【ピンクライン・レッドライン・グリーンライン】
waikiki.jpg
ハワイへ行ったら必ず見かけるトロリーバスです。1986年にロイヤルハワイアンSCホノルル動物園、ワイキキ水族館、アラモアナセンターを巡回するコースでワイキキトロリーの運行を開始しました。

現在は、「ピンクライン」のワイキキ・アラモアナショッピングコースとハワイ歴史コースの
「レッドライン」ダイヤモンドヘッド観光ラインの「グリーンライン」の3コースがあります。

ワイキキトロリーは、JTB・HIS・JALのトロリーバスと違って一般の旅行者も利用する有料のトロリーバスです。

⇒⇒日本旅行の海外ツアー詳細はコチラ
3コース乗り放題チケットや片道乗車料金等色んなコースがあるの
で確認してください。

jcb.jpg日本旅行や近畿ツーリストでツアーを申し込まれたらオプションで無料で利用できます。
また、ピンクラインは、JCBカードを見せれば無料で利用できますよ。


以前は、グリーンラインの前にブルーラインに乗ればシーライスパークまで行けたのです
が2010年の4月にグリーラインに変更されました。

「グリーンライン」は、始発8時25分から15時30分、35分間隔・「レッドライン」は始発
8時45分から16時20分、35分間隔・「ピンクライン」は、始発9時40分から21時
(日曜祭日:19時)11分間隔で運行されています。(2010/04現在)

ハワイのトロリーバスを利用するには、どこの旅行会社でツアーを申し込むかでトロリー
バスが決まります。他のバスには乗れませんので本数の多いトロリーバスが有利です。

私は、ブルーラインが好きでしたのでワイキキトロリーの利用できる近畿ツーリストでし
たが、ブルーラインが無くなってしまったので、LOOKJTBにしました。


olioli2bus.jpg

⇒⇒JTBのハワイツアー詳細ははコチラ

マウイ島では、日本人ツアーデスクがあるのは、ルックJTBだけです!
  • SEOブログパーツ
seo great banner
  • SEO
  • loading
  • 初めてのハワイ旅行
  • 無料SEOツール
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0