滞在の為の普通の常識

病気/けがに遭遇したら

思わぬ事故や病気の時には病院へ行くことになります。ハワイの医療水準は高いので
安心ですが、日本の保険は利用できませんので海外旅行保険に入っていなかったら
高くつきます。

ハワイの治療費はかなり高額ですので出発する前に海外旅行保険に入って起きましょう。
旅行会社のオプションでもありますが有料です。

私は、出発の前に海外旅行保険付のクレジットカードに入ります。無料です(^^♪
最初の年は入会金無料ですので、日本に帰ってから速やかに解約します(笑)
そして、又行く時には入会すればいいです。

コレです ↓ 

■旅行者がかかりやすい病気
ふだん健康な人でも、慣れない環境で体調をくずしやすくなります。楽しい旅にするため
には体調には充分気をつけたいものです。

風邪:屋外とエアコンのきいた室内との温度差が激しく、風邪をひくことがあります。

過労:19時間もの時間差があるので時差ボケ解消のために到着時の睡眠は充分に
とりたいですね。

膀胱炎:トイレを我慢しやすい女性にかかりやすいので注意しましょう。

日焼け:急激な日焼けはヤケドになります。日本の陽射しとは違いますのでユックリと・・。

日射病:日本と比べて湿度はありませんので快適な風ですが、長時間浜辺にいる場合は
帽子とか必要です。

日本語が通じる主な病院
上野メdィカル・クリニック → 808-926-9911

ワイキキ緊急医療クリニック → 808-924-3399


ハワイで盗難や紛失に遭遇したら

盗難や紛失にあってしまった場合にもあわてないために、万一の時のために準備もして
おきましょう。いくら注意をしていても運悪く起きる場合があります。

盗難の被害にあったら、最寄の警察で盗難・紛失届出証明書(Polece Report)を作成
してもらいましょう。証明書には、被害者名・発生日時・場所・盗難品目・報告書番号
所轄署名などを書きます。

しかし、殆どの場合は帰ってきませんのでそうならないように注意する事が大切です。

こんな時に注意しましょう!!

空港 → セキュリティーチェックを受ける時手荷物を検査器に通し、ボディチェックを受
けている時に、検査器から出た瞬間に盗まれるケースがある。

ホテル → ロビーでチェックインの際、足元へ荷物を置いてはいけません。

レストラン → 席を離れた時やイスの背中に掛けたままのジャケットから
財布等を盗まれるケールもあるから注意が必要です。

ビーチ → 荷物をおいたまま海に入っている間に盗まれることもある。

レンタカーで郊外へ行ったときに車上荒らしに合うこともあるので車の中には貴重品は
置かないようにしましょう。

ホノルルの警察は、ボランティアによる日本語通訳が24時間常駐しているので言葉の
面では安心できるが、利用しないのが一番。

緊急時の連絡先は
■警察 Police  ■消防 Fire  ■救急車 Ambulance いずれも 911 番です。

盗難・紛失のときに準備しておくものは
■パスポート  
■トラベラーズ・チィェック(T/C)
購入の際の利用者控えとともに、使用した小切手等の控えも必ず記入して保管。

■クレジットカード
クレジットカードの番号と有効期限
  




ハワイの水/トイレはどうなんよ!

sche015-s.jpgハワイの水道水は飲んでも大丈夫です。水質は良いといわれていますがお腹の弱い人
は、心配であればミネラルウォーターを購入すれば安心です。

ABCストアーやスーパーマーケットなどで購入できます。大きさもいろいろあるので心配
はいりません。ハワイのローカルのミネラルウォーターもあるので試してみては・・。

ハワイのトイレはワイキキなら、ショッピングセンターやホテルなどが沢山あるので困る
事はありません。郊外へ出る際はいざというときは、ガソリンスタンドやコーヒーショップ
とか日本と同じです。

しかし、日本と違ってウォーシュレットは高級なホテルでもない所があります。特に日本人
向けのホテルでないところはない所が多いので御尻の具合の悪い方は前もってホテルへ
お聞きした方がいいです。

アメリカのトイレは映画等でも見られて知っておられると思いますが、ドアーの上下や扉
の隙間が空いているので荷物を床においたりすると盗まれる危険もありますので注意
しましょう。郊外の公衆トイレはドアがついてない所もありますよ(汗)



ハワイで電圧/電源は合うの?

smbl200-s.jpgハワイで日本から持っていった電気製品(ドライヤー等)を使うには、変圧器が必要
になります。コンセントの形は同じですので変換プラグは要りません。

日本の家電は電圧が100V、周波数は50/60Hzなのでハワイの電圧110~
120Vでやや幅があるのであまりお勧めしません。

ドライヤー・ひげ剃りなんかは使用できなくもないですが海外用の変圧器内蔵型
製品を利用したほうがいいと思います。

syg027-s.jpg中級以上のホテルでは変圧器を貸出してくれるところもありますので、事前に調べ
ておくといいでしょう。

全7種対応アダプター
これを機会に海外旅行に頻繁に出かけるようになる場合はこれ一つで全7種のコン
セント
に対応できる汎用型プラグ変換アダプターを手に入れると便利です。特に1カ
国で何種類のプラグの形状がちがう国へ行く時には役に立ちますよ。





Page: 1

マウイ島では、日本人ツアーデスクがあるのは、ルックJTBだけです!
  • SEOブログパーツ
seo great banner
  • SEO
  • loading
  • 初めてのハワイ旅行
  • 無料SEOツール
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0